FC2ブログ

月がきれいですね

とサーバーにさえ言われてしまう、光り輝く麗しのみんみん様の
忠実にして敬虔なる信徒のさらじんです。皆さまごきげんよう!

普段はそっけない態度でツンツンしているのに
回廊期間だけ、しょうがないですね。と言いつつPTを組んでくださる
貴重なみんみん様のデレ期間も、回廊終了とともに過ぎてしまい悲しいです。

月みんみん

なお、もう片方の友人のふわこくんは、
「おい皿人職なによ?」 「連だけど?」 「よしアトロス行ってこい」
と言ってくるドSな扱いをしてくる困ったやつです。

「おいDFある!」 「WP使えばされない」などとDFされてから教えてくるマゾっぷり。
おかげで20kアロストで延々と罠にはめつつアトロスに苦戦するという醜態。

まず、猫(魔法)、魚、メカ、珍がいるのに、なぜその人選なのか。
君はもう少し信頼できて頼りになる、大切な大切な友人を大事にしたまえよ・x・

ふわDF



夢幻そりさ

頑張るそちょとリオ子。  とはぶられるわい。


いや違うハブられているのではない、予定が多く忙しくて都合が付かないのだ。
本当はトリオでいきたいけれど仕方なく……きっとそうだ、そうなのだよ!

装備重いらしいけどVL?アイアンのおっさんを購入するしかないんじゃないかなぁ。
INTとVIT料理はみんみん様への啓蒙活動により倉庫にあるからいえよっと・c・

sensouyaのラグナロクオンライン 夢幻 修羅WLペアをwww.twitch.tvから視聴する
スポンサーサイト

私のクトルラナックス


3日前?にまぁメンテあったんですよ。

ちょうどふわこと狩りしてて、「おいメンテあるし辞めるぞ」といわれ狩りをやめて。
メンテあるしクトルちゃん狩っとくかー、と見に行くと御在宅中。

でメンテが1時間ぐらいで終わって、朝起きて露店出すついでだし殺しとくかー。
と見に行ったところ、またもやクトルちゃん御在宅。その間、放置期間5時間ぐらい。

もしかして、この御方に訪問してるのは鯖内でわたしだけなのではないでしょうか・x・?
ドロップのおめめがかわいいから集めてるけど、ライバルいないから楽でいいなぁ。

マイクとル (1)
マイクとル (2)

ティアマト攻城戦

https://ragnarokonline.gungho.jp/news/maintenance/kue8e60000035yb9.html
ティアマト攻城戦のゴミっぷりを書こうと思ったら書く前に修正が入った。

初回挑戦のチケットはもらえたものの、貢献度がいまいち不明。
AB金剛はどうも貰いにくいような感じではある。(コルセオ植樹してた2PCABはもらえず)

PTコンテンツなのにPT統一でなく個人ばらばらの時点で考えたやつの脳を腑分けするしかない。
十一番目の女神が言うには、無さすぎると罪を免責されるかもしれないよ>w<b
ティアマット
とりあえずティアマット用のまとめとしては
・セーブできるから中でセーブしろ、ポタも出せるっぽいから10kはそれで0z。
・ジュデックスやSOEみたいなMOB数+エフェクトを出す激重スキルで回りを落とす奴は屑

・壁は完全回避多めにしないと死ぬ、魚は壁着いたらFM文鎮がなんだかんだで一番安定。
・猫は面火力がなさすぎるからどうなの?修正されると猫無双になるかもー?物理猫ちゃんカムヒアー

・AGI低いカスはいっぱい寝るからお馬さん頭を作れ、そう、寝て動けなくなるからな( ^ω^)・・・
・石造へのチャージのところは石造ギリでチャージすると、レイドアチャとかが見えずにらくちん。
 (↑120%チャージ中半分以上みんみんPTという優秀すぎる結果が発生してた)

ティアマット初回 (1)

続きを読む

G鯖で回る価値のあるMDがない。



表題そのまま。

フェンサラ → 主収入が宝箱=Bでいい
ビジョウ → 計算したら宝箱+帖>ダクハンだったのでGでやる意味がない模様。
TWO → カード以外死んでますです。

セイレン → YSFと盾が移動できるのでやる価値はあるかも???
イーブル → レベル上げのついでだからどの鯖でもいいといえばいい。

終了。


TWOc持ってない人ならTWO流行る価値があるとしても
ビジョウはダクハン普通に買ったほうが安そうだしどうなんだろな。

YSSで香取でもでてこればやることはでて来るだろうけど。
現状、夢幻となにするか。

プロフィール

さらじん

Author:さらじん
@剣オシ死亀狐鬼2影魚犬眼TWO(弓リフに永久封印)12枚
@貸出:鬼

自力MVP11枚
狐虎2暗羊虎羊弓鬼魚鎌

購入数=自力入手数主義。
友人記憶用カード。

リンク

このブログ内の「ラグナロクオンライン」から転載された全ての画像の著作権につきましては、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.