H29の6月



マランに籠り続けて修羅165のガスが一体目。

修羅がオーラになったので2PCコイン1,5倍で魚で回廊籠り。
適当計算1h2500枚=呪詛8個=9.6mだからEXPそこそこ金銭は美味しい。
EXP時給は100mで1/3マランぐらいしかでない。

H29の7


グローザーのほうはPT組めないしストーリーすらわからず放置。
ほとんどの社会人がそうだろうけどG単位で引っ張ってもらうでもしないと無理かな。

客層から言って家庭持ちは常に無視で殺していくスタンスもわからなくもないので仕方なし。
ソロは呪詛買い取ってくれるGvGには感謝しといたほうがいいのかもしらん。
今のご時世だとMD制度で一般狩りの邪魔にもならないしRO経済を回してくれる金蔓様。


まぁそのGvも同盟がしにすぎてて活性化することが今後あるんだろうか???

一般人がGvやる価値がなくなってきてるし4AD+4深淵で深淵を永久実装してろよと思う。
ついでに旧ADもステ調整いらないからAD限定MOBのEXP100倍ぐらいにして
ドロップに宝箱1%で放り込んでおけば狩り専と土方組が2時間手伝ってくれるんじゃないかな?と。

それ以外にも土方で10m~15m稼げるような時代なのに
Gv時間+α拘束されるポタ代やすすぎ100mぐらいだそうとか
色々とGv同盟の行動にも突っ込みどころが多すぎるから衰退してくのも必然なんかなー。



ぬくもり


あとしてることといえば神器用垢をラグホのたびに起動させて未転成を転生させてっているぐらい。

ハイオク3匹ほどもって壁あててれば秒間50HITで2・3回やればkskがでる簡単な世界。
ハイオクの属性が火属性0でなく当たるっていうのがksk発動にとても良い。

一応165作って夢幻ともいわれてるけどリアルに時間がなさすぎて無理。
金銭EXP効率最高のマランをあと3か月ぐらいかかるんじゃないかというところ。




スポンサーサイト

5月分


ギムは資産がこれぐらい。
ほっといてもすぐ1Gいっちゃうんじゃないの?って速度でzが貯まる。

H29no6 (1)


修羅のほうはマランやってるだけで150から163まで上がったし
なんかもう復帰者はずっとマランとTWOだけしてればいいんじゃないの?と思う。

TWO行ってれば汎用最強頭・アクセとcが出るから一般にはここで十分。
最先端装備でないと死ぬ病気の人以外にはエクセットがあれば他はいらない。
となると廃人でない一般プレイヤーはどこにぜにーを使っているのか気になるところではある。


H29no6 (2)



そして廃神様がボスcを出してきたので少しやる気が復活。

パッチの廃兄貴復活で高い装備なくてもメカニックできるし一応復帰者に配慮してるのか?
戻った時のとりあえずバリオいけ!からのそもそもバリオってどこ?みたいな問題は解決されそう。
虹翼が乗るから婆砂も落ちるしここ行っとけばおkな脳死マップがもっと欲しいところ。

廃神様

4月分



週報とか面倒くさすぎるから月報でいいやと。

4月の収入がこんな感じ。
適当に100k*200+帖18mとして40m、王家が1800個とNPC行の宝箱とかで80mぐらい?
死ぬほど余る海神と売れるのか不明なさら服は収入に数えるものでもないきがする。

まぁ復帰して思うに対人勢が新装備のたびに装備変更するチキンレースしてる横で
狩専だと一月でライオット熾天使カルデュイ辺りは買えるから装備を揃えるのもやりやすい。
ボスもMD全盛で争うこともなく平和だしプレイ環境としてはよくなったのかなと思う。


4月の収入

4月の収入 (1)

続きを読む

4月の4週目



今週
みみる:珍さんが152になりました。
ギム:110の修羅とABを3セット作成。


来週
みみる:ずっと空中要塞寄生
ぎむ:特にやることがない(本気で)


4月4週目 (1)


執行と守護とその他ディレイが消えたりAspdがとても上がる物を借りて狩りしてます。
元からレベリングはやる気がないので、ギムは一向にレベル上げが進んでない。
寄生してるみみるのほうがはるかにレベルアップ速度が速い。

ビフタワー3FはすごいEXPおいしいんだけどアイテムをすごい拾いたくなる。
属性石がないから試しに義務で拾いにいったら1h100個余裕で取れるもったいないマップ。



4月4週目 (2)


とりあえず新人がryでリアルの時間がとてもほしい。

ROが日1時間以上やれればもうちょっといろいろできるんだけど
1時間以内だと1キャラづつクエスト回してるだけでいっぱいになるし
垢内で1キャラやってれば全部話を飛ばすボタン用意してくれないかなと思う次第。





プロフィール

さら@剣亀蛇鬼6死影虎弓@蟻オシ

Author:さら@剣亀蛇鬼6死影虎弓@蟻オシ
 
 

カテゴリー
リンク