FC2ブログ

神罰のオディール@修羅壁:夢幻ルキフルなしルート

蛍のところを見てたら壁が苦労してそうだなぁと思ったのでなんとなく!

だいたい壁役が文句言われることが多いので、皆やりたがらないのだけども。
上級DにおけるPT死亡=ほぼ70%後衛が悪い。(残り30%は修羅のせいな)
壁装備のある前提であれば、取り巻きや無限湧きMOBを処理しないノウキン=全滅の主因。


装備上から

頭上段 : ダークハンド+リーフキャット 水10%(あれば超越)
頭中下 : タナトスの悲しみ仮面(なけりゃなんでも、HPとDEF上がるからヘヴンリーでもなんでも)
武器 : セーフティロッド(精錬8↑ぐらい)
盾 : 金剛石の盾(人+水)残り血集中でも名誉幸運でもなんでもいい
鎧 : 火アンフロ人エクセ鎧(アンフロ+人耐性+DEF+できれば火属性)別にアンソニでいける
肩 : +7ジニーフェアリークロース(こいつはDEFと完全回避があがるので+7で)
靴 : 金剛石の靴(水+死体力+安息体力)
アクセ×2:ベストフローズンウルフ忍耐、ベターベルコンビ忍耐、なんとかなるベル2水玉


これにHP大と水レジを使えばペンギンはいける。
エルキャン?水ブレスのときぐらいしかSW要らないからずっとポコポコならせよ。

所感
鎧はブレスの前に凍る=DEF減少なのでアンフロのほうが安定する。
自分の装備から+7アンソニ → +8アンソニで忍耐買わずに水玉でいけるはず(計算上)。
パサナ買えばプロ軍で火アンフロが5mぐらいで作れてしまうのでそれでいいかも。

肩はDEF・完全回避があがる+エンチャントでHPもあげれるので+7は欲しい。
忍耐フローズンは高いので要らない、でも色熊c実装で安くなるならあってもいいかな。

情報協賛:むむこ・x・b

ペンギン装備


続きを読む

スポンサーサイト

夢幻ルキフルトリオ


残りの二人が高速で呟いていたのですが、夢幻トリオ登頂が終わりました。

時間はちょいちょい残しで、苦戦したのはどこだろう?

ルキフルだと獄階層はそこまで苦戦しないし、虫階層も魚だからいうほどでも。
普段の獄トリオよりインティミお別れとかがない分だけ楽だし
一番苦戦したのは、魚と相性が悪い、闇土の高HPMOBで溢れてるGHHDの階層かな?

あとは魔法反射階がつらいので、悪魔の手と下駄を買わないとな、と思った。

トリオ夢幻
トリオるきふる (1)
トリオるきふる (2)


今日の馬鹿。

こういうのを見ると、超越セリアという威力特化はもっておいて損もないのかなー?
死んだら起こして、は同じだけど威力上がったうえにたまーにLPでますしおすし。

ヒール要らないんだけど、言動と反して丁寧な支援を心がけるリオこが苦労してる。
修羅は壁安定すると回復は要らないというか、壁だろ?3%叩けや?が修羅視点の意見。



今日の変態さん

ふくをきる??? → 何か別の意味かな → いや服だよ? → は?
裸ネクタイが正装の変態紳士るっすんといい、この寒い中全裸の裸族は大変。

全裸登頂

2PC放置型壁修羅装備

ノックバック図をギムレー価格で頑張って6個集まったので、壁修羅君の装備を更新。

今のところこんな感じで放置おきっぱで魚がCL打ってぶち殺すスタイル。
当然装備移動とかがだるいので×6個=3Gぐらい出費があった模様。

ちまちまイベントとか込みで揃えたからそんな出費があった実感はない。
王家は自力だし、燃料はイベントで溜まってたし、眼帯もイベント算か。
残りアンフロ図2個と蛾cが6枚欲しいのでギム民よろしゃす!

放置修羅2


状態耐性が アンフロ+ノクバ+スタン30%
属性耐性が 火水35風75土15 で水属性
種族体制が 人58orなんか35%
DEF 1000ぐらい

頭 オーダーダクハン 人5土15
中 星の眼帯 スタン30
下 にんじん 人参回復UP

武 8セイフ杖
鎧 エクセ鎧 ノクバ+水+アンフロ
盾 金剛石 人/火/血DEX 人35火35
肩 蛾差し フェアリークロース 人5風75(予定)
靴 金剛石 人5水35 

アクセ1 栄光 死体力 安息生命 血集中
アクセ2 栄光 死魔防 安息知力 血集中



で7・8体目の無限専用機をボスガムで放置してる奴がこれ
ヤファちゃん便利だなぁと思って使ってる。
有り合わせのわりに魔法に対してだけは超絶固い。
ほうち装備

プロフィール

さらじん

Author:さらじん
@剣オシ死亀狐鬼2影魚犬眼TWO(弓リフに永久封印)12枚
@貸出:鬼

自力MVP11枚
狐虎2暗羊虎羊弓鬼魚鎌

購入数=自力入手数主義。
友人記憶用カード。

リンク

このブログ内の「ラグナロクオンライン」から転載された全ての画像の著作権につきましては、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.