FC2ブログ

神罰のオディール@壁装備@修羅

だいたい壁役が文句言われることが多いので、皆やりたがらないのだけども。
上級DにおけるPT死亡=ほぼ70%後衛が悪い。(残り30%は修羅のせいな)
壁装備のある前提であれば、取り巻きや無限湧きMOBを処理しないノウキン=全滅の主因。


装備上から

頭上段 : ダークハンド+リーフキャット 水10%(あれば超越)
頭中下 : タナトスの悲しみ仮面(なけりゃなんでも、HPとDEF上がるからヘヴンリーでもなんでも)
武器 : セーフティロッド(精錬8↑ぐらい)
盾 : 金剛石の盾(人+水)残り血集中でも名誉幸運でもなんでもいい
鎧 : 火アンフロ人エクセ鎧(アンフロ+人耐性+DEF+できれば火属性)別にアンソニでいける
肩 : +7ジニーフェアリークロース(こいつはDEFと完全回避があがるので+7で)
靴 : 金剛石の靴(水+死体力+安息体力)
アクセ×2:ベストフローズンウルフ忍耐、ベターベルコンビ忍耐、なんとかなるベル2水玉


これにHP大と水レジを使えばペンギンはいける。
エルキャン?水ブレスのときぐらいしかSW要らないからずっとポコポコならせよ。

所感
鎧はブレスの前に凍る=DEF減少なのでアンフロのほうが安定する。
自分の装備から+7アンソニ → +8アンソニで忍耐買わずに水玉でいけるはず(計算上)。
パサナ買えばプロ軍で火アンフロが5mぐらいで作れてしまうのでそれでいいかも。

肩はDEF・完全回避があがる+エンチャントでHPもあげれるので+7は欲しい。
忍耐フローズンは高いので要らない、でも色熊c実装で安くなるならあってもいいかな。

情報協賛:むむこ・x・b

ペンギン装備


オディール壁攻略


まず、沸かせる前に水レジぽ+HP大+点穴活を使用。
PTに離れさせて、会話をしてペンギンちゃん沸かせます。

この時に湾か民がいれば、フリッグの歌もついでに使用しておく。
え?ない?キラキラして取っとけよ?ぐらいの台詞は言っていいです・x・v


そのまま沸いたところからまーっすぐ上のどんつきに持っていきます
こんなかんじで、一番上のセルが修羅、二番目のセルがペンギンになるようにする。
※1ダメでも与えるとペンギンちゃんが暴れだすので90%プレイor騎乗or殴らないように気を付ける。

御ディール壁


修羅が壁から1セル目にいるので壁から2セル目のペンギン横ぐらいに移動して、
ペンギンを壁から2セルの状態を維持したまま、こんどは右の壁までもっていきます。

SGが降り注いでいて、見えにくい&位置ずれするものの位置としてはこんな感じ。
殴られて動きにくい時は、プリさんキリエ!猫さんマグロ!を連呼しよう。

このとき修羅からは正しい位置かどうかわからないので、別のPTMが画面から出入りして
壁の修羅が正しい位置にいるのかどうかを確認します。

御ディール壁 (2)


あとはひたすら後衛が遠距離で攻撃して殺す。

おそらく鯖セットCLなどの通常火力であれば、一度だけディスをされるはずなので、
そこだけマンドラか見つつ金剛+回復材を/q3を利用してくるくるマウス回しておけばいけます。

他はアイスブレスの前挙動の際に、ABか皿がSWを置いてくれれば楽にはなる。
それ以外の時間はABずっとマンドラ待機しつつアスム維持&コルセオで、
SWはサラがやりつつ、ある程度は修羅が3%使うが一番安定する。

正位置の目安としてはこんな感じかな。

ペンギンがクリスタルを置いても、壁の中にかなりの数がはまっていて、
ペンギンがサンクを置いて、置かれるサンクが2個しかない状態。

この状態で死体力を忘れたというクソゲをしても、水ブレスをもらって50k~60kぐらい。
+8アンソニとかを使えばもうちょっと減るのでかなり安定する。
活のある修羅であれば結構余裕で耐えれる程度のダメージ。

死体力あるまともなダメージはそのうち取ってくるということで、
病気の弟のために、みな中型聖DEF無視鈍器をよろしくね・x・v

ペンギンアイス (2)
ペンギンアイス (3)
ペンギンアイス (4)
ペンギンアイス (1)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

さらじん

Author:さらじん
@剣オシ死亀狐鬼2影魚犬眼TWO(弓リフに永久封印)12枚
@貸出:鬼

自力MVP11枚
狐虎2暗羊虎羊弓鬼魚鎌

購入数=自力入手数主義。
友人記憶用カード。

リンク

このブログ内の「ラグナロクオンライン」から転載された全ての画像の著作権につきましては、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.